ファシズム化に染め上げる安倍晋三と自民党の危険集団

権力の私物化を強化することによって個人の監視機能を張り巡らし制約を徐々に強め、個より国家全体主義を優先させる日本国を造り上げようとしているのが安倍と自民党集団であることが少しづつ見えてきた。即ち柔らかい真綿で国民を締め上げて自覚症状がすぐに感じないように巧妙かつ目くらまし手段を使っているのである。内政も外交も成果無し、自らの不祥事のモリカケ疑惑をはじめ数々の不祥事なども東日本大震災原発事故、復興五輪とたわごとで誤魔化し、やれ改元とお祭り騒ぎを煽動、新札発行、トランプ大統領の第一国賓招待、大相撲観戦などなどで国民の目を失政隠しに利用している。何一つ結果が出ないから次から次へとキャッチフレーズを多発しいかにもやってくれそうな期待だけを提供する。そして時間が経過すればそのうち忘れてしまうだろうと自ら口にする始末。国民もそれに乗っかかって思うツボにはまってしまう。うまく心理を読んでの行動だ。この間法律も秘密保護法、安保法制などで着々と周りを固めファシズム体制に突き進んでいる。三権分立を蔑ろにし、権力で掌握して悪も善にしてしまうやりたい放題が今の安倍・自民集団である。国民の自由を束縛し国家全体主義を目指す危険分子が我が足元にいるのである。戦争を知らない世代がもうすでに洗脳し始めている終末を迎えていると言えるであろう。一刻も断ち切らなければ沖縄のように民意を無視した国政が全国に拡がっていくであろう。危険分子は早急に排除しなければならない。その時期は近づく選挙で答えを出そう。

安倍晋三シンパの櫻井よしこや読売新聞渡辺社主は安倍不祥事は正当と考えているとしたら評論する価値なし

この二人を始め安倍シンパたちは安倍のデタラメ政治についてどのように判断しているのだろうか。いまだに人間としての道を正しく進んでいると思っているとしたらこんな人間は大きな顔をしてメディアに出る資格はない。正しいことは正しい、間違いは間違いと正直に発言できないような者は日本の社会から追放しなければならないし我々国民の敵である。害毒は社会を破壊するもの。

内政外交成果ゼロの焦り

内政も外交もドンづまりの安倍晋三にとって保身のための最後のツナは手段を選ばない方法を取らざるを得なかった。その手段とは政治の成果とはかけ離れた他力を利用した演出しかなかった。改元と皇室に関わる政治利用、トランプ大統領天皇謁見、大相撲優勝力士へのトランプ杯授与、吉本新喜劇への出演などパフォーマンスのみに頼った。政治の失政を国民の目からそらすためにはこれしか手段はなかったほど切羽詰まってしまった。お粗末極まりなく、国民を不幸に陥れる総理は早急に退陣してもらいたい。世界から敬愛される国の復活のため。

自民党と公明党は定見も信念も無いのか

 呆れてものが言えない政党である。ただただ驚きの手のひら返しの党が我が国の政権を担っていることが異常というしかない。これでは日本の将来の展望は拓かれる筈がない。安倍はポスターで明日の日本を切り拓くと大見得を切っているがとんでもないことで日本を切り裂くことに着々と布石を打っている。諸外国から勤勉さや礼儀正しさ、そして相手を思いやる心の美徳で敬意をもたれて絶大な信頼を得ていたがこれらを悉く無にしてきた罪は甚大だ。国民の模範となるべき安倍と自民党議員がこの様であるから企業や国民は右に倣えと不祥事を繰り返してそれもその責任をとろうとしない事態が蔓延している。安倍と同様に財界のトップである経団連の榊原や中西も自己の企業の不正に何の責任感も無く平然と涼しい顔でのさばる始末。これでは国は乱れていくのは当然のこと。このような社会にしたのは国民の顔である筈の安倍晋三であり、さらにこれを選んだ自民議員であり、もっと悪いのは我々有権者である。今後この反省を踏まえ一人一人が自我を捨て国を思う熱い志を持つ候補者を選ぶ見識が問われることとなる。日本社会を乱すような輩を排除していこうではないですか。

安倍晋三は国民の代表として失格

退位礼正殿の儀という厳粛の場で安倍晋三は「国民代表の辞」でこともあろうに言葉を間違えてしまった。その言葉とは「末永くお健やかであらせられますことを願って”い”ません」ととんでもない言葉を言い間違いしてしまった。本来は「已(やみ)ません」。天皇皇后両陛下に対して失礼であるばかりか、われわれ国民のことばとしての意に反することをした。こんな男が国民の代表かと情けないばかりか日本の恥を晒してしまった。そしてこともあろうか 官邸HPから削除してしまった。この政権は都合が悪くなると必ずお得意の改竄、破棄などで隠蔽してしまうデタラメ官邸である。いくらHPから削除しても拡散した映像・音声は我々国民の目や耳に入る。確認してみると願ってのところでつぎの字体の読み方が分からず、再度末永くの最初のフレーズに戻り言い換えたが結局正しい読み方が出来なかったことが見てとれた。漢字も読めず常識も備えていないのが麻生と全く同じレベルで殆どの自民党議員は金欲だけが旺盛な始末に負えない者だらけ。能力があり信念の固いものは議員にならない。投票所に足を運ぶ有権者の気持ちがよくわかる。ただ問題は大手も含めたほとんどのメディアが安倍の権力に下り黒を白にしている。若者たちよ、人権を無視し、言論の自由を縛り、個人より国家を優先する戦前・戦中の軍国主義を目指すこんな独裁政権を許していいのかよく考えるべきだ。   

安倍が首相に就任した公約はすべて失敗に終わる

安倍の売り言葉は何であったかを振り返ると「拉致の安倍」であったはずだ。それが6年の長期にも拘らず何一つ真剣に取り組まなかった付けが今現れた。この間拉致被害者家族には私の在任中必ず解決して見せますと息巻くのみであった。この男のいつもの打ち上げ花火のようにすぐに消えてしまう失態を犯す。家族の居た堪れない気持ちを何一つ斟酌出来ない冷血鬼と言ってもよい。それは菅も同じで記者会見の様子を見ても安倍とまったく同様である。何がポスト安倍と持ち上げられているが資格はゼロでありこんな者がなれば民主主義はますます破壊の道に進むであろう。危険分子の一人である。安倍はこれまで拉致問題の解決に他人依存でリスクは避けると言う卑怯な姿勢をとってきたが内政と外交ともレガシーが何一つ上げるものが無い現状からかなりの焦りが生じた結果改元天皇の政治利用をしたもののもう一つ反応が無いのでここにきて「主体的に取り組むことが重要」と従来の方針を大転換した。もっと早くできたものを何で今さらとの感を否めない。何のとっかかりも努力しないでそう簡単に解決できる見込みはない。無能な者が首相になれば国民に有害を与えただけであった。一刻も早く退陣することがこの国を救う唯一の道だ。

天皇陛下、皇后陛下の象徴としての御任務に感謝

天皇皇后両陛下は常に国民の声に耳を傾け、その思いに寄り添われる行幸啓は国内にとどまらず海外にまで及んでいる。これは安倍政権の務めではないのか。国及び国民を統合する考えはそもそも政権の果たすべき役割であろう。安倍自民・公明政権が行うべきことを象徴という形で補完されていたとしか思えない。だから皇室に親しみを感じ、敬愛されてやまないのである。この政権は皇室の爪の垢でも煎じて飲むと良い。馬鹿な政権が我々国民を苦しめていることさえ分からないからどうしようもない。