まともでない人間がよくもまあ総理大臣になったものだ

こんな人間性がなく生活者の常識が欠ける安倍晋三と自公議員にこのまま政権を担当させるとこれまで培ってきた日本人の美徳がことごとく破壊され世界から信用が失われていく。この日本がこんな体たらくの者たちによって痛めつけられているのに次代を担ってくれる若者たちは何の指摘も意見もなくただ政治に無関心の姿勢を貫くだけ。これでは明日の輝かしいふるさと日本はやってこないだろう。奮起を望みたい。

安倍晋三と肌が合わないわけ

ズバリこの男が人間としての最低限備えておくべき道理が全くないということ。少し詳しく言えば日本人は本来の美徳である勤勉、礼儀正しさ、相手を思いやる心、嘘を言わないなどで世界から絶大な信用を得てきた。それらを悉く無視してさらにそれを破壊させたこと。つまり人間としての基本となる言動が問題であり、これがリーダーであるがゆえに社会の隅々にまで悪弊として波及してきている現実だ。生まれ育ちが悪い環境の下であったのか平気で嘘、ゴマカシ、隠蔽、騙す、自己を棚に上げて相手を誹謗中傷する、反省の心なし、データの改竄、言動不一致、謝罪ではなく遺憾という無神経さなどキリがないほどある。皆さんは「美しい国づくり」と華々しいキャッチフレーズをあげたことを思い出してほしいがこれとは正反対の汚れた国づくりにただ邁進しているだけだ。支持者もこんな国を目指していると思われても仕方がない。早く目覚めてほしい。こんな反社会的思想にはついていけない。

選挙前での各党首の会見を見て

このたびの参議院選挙にむけて各党首が一堂に会してそれぞれの主張と各報道機関の代表から質問を受けている場面がテレビで放映された。その中であれっと気にかかった一面があった。それは安倍晋三と質問者の一人である読売新聞社橋本五郎とのやり取りが出来レースの様相を呈していたと多くの視聴者が感じ取ったようだ。イエスかノーで答えてもらいたいとの質問に安倍一人だけが孤立し応えられないのでいちゃもんを付けて質問者に質すという暴挙に出たが質問者が折れて安倍に同調する失態を演じた。中立でなく安倍新聞と呼ばれている新聞社を参加させるべきではない。恐らく安倍が指示したのであろう。完全は独裁政治を感じさせる危険集団となりつつある。中国や北朝鮮と何ら変わらない体制に向かっている。有権者はこれでいいのかよく吟味すべきであろう。

日本郵政も親方日の丸の官僚体質

かんぽ生命がこのたび致命的な失敗を犯してしまった。謝罪の会見をつぶさに見ていると郵便局の最前線を統括する日本郵便の社長の姿勢はとても謝罪の気持ちは感じられず上から目線で保険加入者の側に立っていない姿を露呈した。そしてこの場に最高責任者であるこの二社を統括する日本郵政のトップがいなかった。株式の半数を持っている政府がこの人事を行っており恐らく安倍追従者の官僚天下り献金元の大企業OBがその職に就いているものと思われる。それが加入者よりも自己の利益を優先させる民意無視の歪んだ資質が見てとれる。夫婦でかんぽ保険に加入しているが入院・手術の保険金支給が出なく、他の保険会社では支給されることから大きな差異を感じた。制度がそうなっていると言われるがそれではきちっと説明をするべきと思う。もう貯金も保険も郵便局は利用しないとなってしまった。

安倍一強と言われているがそれに相応しくない小者で狭量な安倍集団

 本来なら横綱相撲を取って堂々と正義を貫き受けて立つ姿勢を張っているものだ。だが今の安倍自公政権と党はこれとは逆に姑息で、異論者には弱みを突き、自己の弱みは隠蔽と捏造と痴ほう病を装って記憶にないと卑怯この上ない手段で国民を愚弄する。そして呆れるのは選挙に当たり安倍は街頭演説日程を公表せず支援者のみを集めて演説をする、立憲民主の枝野代表を民主の枝野と敢て何回も呼んで見下げる、野党候補に中傷ビラを乱舞させるなどなどおよそ一国の代表としての資格を疑うようなことを平気でやってしまう。こんな小者が我がリーダーとは情けなく世界に顔向けできない。早く退陣させなければ国の威信に関わり笑いものとなってしまう。他に相応しい者がいないからと単純に判断せずこんな最低以上の候補ならいくらでもいる。良く考えて一票を行使しよう。

映画「新聞記者」が大盛況

今の政治に何が必要かを考えさせられるフィクション映画で、今の安倍政権で続く不祥事の闇を鋭く突いている。「民主主義は形だけでよい」と言ってはばからない政治の言葉に現実の姿に重ね合わせた。この映画を是非見てもらって今回の選挙に生かせてもらいたいと思う。監督と出演者に敬意を払われずにおれない。安倍官邸から相当な圧力がかかったと思うが固い正義心の下屈することなく貫いた精神は多くの国民が拍手喝采している。

安倍政権の専属新聞と化した読売と産経グループメヂィア

この二メヂィアは正義と道理が分からないとんでもない報道機関だ。国民の常識はどういうものなのか、民主主義は何を意味しているのか、こんな基本となるものを無視して常識を逸脱しても指摘もしない。つまり政権と同調して民意に背を向けており、本来の使命である中立、公正、社会の公器としての役割を捨ててしまっている。とりわけ酷いのは読売グループでテレビや新聞を見ても安倍政策のすべてを礼賛するものばかり。北朝鮮の専属独裁新聞と全く同じでこんな新聞・テレビを見ていると正義の意味が忘れ善悪の判断が狂ってしまいかねない。つまるところ社会の混乱を来す原因をつくり上げるゴロ新聞と同じだ。購読者も減少していると聞く。厄介なメヂィアが生まれたもので国民の敵となってしまった。