読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

政治不信をもたらしているもの、それは不条理と理不尽さ

政治に対する不信がますます高まりを見せ止まるところがない。不条理とは法に逸脱していること、理不尽とは人間としての営み行為に反していることであり、いずれにも共通しているのは道理にかなっていないことである。不信行為は本人はもちろんのことそれを処分する側即ち組織も重大な責任を負わなければならない。それを政治の力で弱めてしまうというとんでもないことが政治常識となってしまっている。政治の世界ではこう言われているそうだ。正義は子供のすること、大人は不条理・理不尽の泥を持たなければならないと。真の政治家は国会議員の中で数%しかいないように思う。主だった実例を上げればあの小渕優子甘利明問題での不起訴処理、森喜朗の他人の金を湯水のように浪費する偽ボランティア会長、さらに国民の怒りを頂点に達しせしめたのは安倍総理である。野田総理との約束であった解散を引き換えに議員定数大幅削減などをどこ吹く風と受け流し、また消費税引き上げを固く公言したにもかかわらずそれも果たさず、さらに極め付きは参議院選挙の公約に憲法改正を選挙不利と思ったか全く争点に掲げなかったこと、そしてお決まりのように政権を取れば公約集のすべてが信任を得たと公言すると言ったこれが日本の総理の言動だろうか。十分な国会での審議を経ずに成立させてしまう独善なやり方に憤懣この上なくこのやり場はどこへもっていったらよいのだろうか。指導力ゼロの総理は我々国民が選んだわけではない。不条理と理不尽の議員が選んだのだ。こうして選ばれた者は道理をわきまえないのは当然のことと言わざるを得ない。自称の空っぽのアベノミックスはもうすでに破綻してしまっている。いつまでも道半ばと言い続けるのか。総理大臣職はこの反省を踏まえ国民が直接選挙で選択する統治機構改革を是非実現することが喫緊の取り組みであり国民運動として盛り上げよう。安倍マリオに高額な税金を使う必要はなかった。安倍氏も公私混同の有無を明らかにせよ。

はてなブログを始めました

これまでははてなダイアリーで政治を中心とした様々な課題を取り上げてまいりました。私の考え方はどちらかというと時代の変化に合わせた社会づくりを追い求めることにあります。現在の社会に即応しない古い慣習や化石と化したものを後生大事に守ろうとする政治や経済体制に風穴を開けようと今後も活動を続けていくことにしています。その根幹は社会生活に大きな影響を与える政治の劣化であり、利他の精神が欠如していると言えます。党利党略、利権目的、国民から選ばれながら国民に寄り添わない政党と議員、言動不一致等々政治不信がますます高まる傾向がこんな結果を生んでいるのです。これを踏まえ少しでも国民に範を示せるような正常な政治へ転換を図れたらと願いつつ筆を執り記していきたいとの思いです。よろしくお願いいたします。