野党は審議拒否の戦略で安倍自公政権を打倒すべき

不正統計データに基づいた予算案は審議の価値はない。議会を止めて予算案を突き返して正確な統計による予算案が提出出来なければ審議拒否をしてほしい。これほどまでにデータを隠し、官邸の関与が濃厚になり、アベノミクスの偽装が明らかになりほとんどの国民からNOが突き付けられていることから審議拒否は当然と受け止められるだろう。国民を痛めつける暴走安倍自公政権を倒すにはこれこそない。森加計から始まった数々の国政不正問題に対してもう我慢できない域に達した。そのためには野党はコソコソと意見を言い張ることは止め、国民の熱い願いを受け止めてもらいたい。国民の言論まで封じ込める自公はもはや日本国に籍を置く資格は完全になくした。すぐにでも軍政の中国、ロシア、北朝鮮に送りこめと言いたい。

悪夢の民主政権と言った安倍自公政権は一体何のか

安倍晋三はここまで言うほど心が狭い者なのかと呆れてものが言えないし自民党にはこんな低能者しかいなかったのかと情けなくなってしまった。これが一議員であればまだ許されるが一国の総理大臣だからなおさらだ。ノーベル平和賞をとトランプ大統領を推薦したと暴露された安倍だがその理由のなかに日本を代表してと聞き捨てにならないことを発したようだ。日本国民に理解を求めていないのに自分勝手に代表という言葉を使ったことを許すことは出来ない。この男はすべてにわたって独裁精神の血が頭から足の先にまで流れているようである。アベノミクスの成果を強調するがためいかなる手段を使ってまで偽装する安倍政治はもう懲り懲りだ。一番腹が煮えかえるのは私が直接指示はしていないと言い逃れて責任を回避続けていること。これだけの不祥事があれば最高責任者が責任を執るのが当たり前なのではないのか。悪夢の民主政権の言葉は結局己に帰ってくることさえも理解できないお粗末極まりない浅薄政権と断じたい。

火の無いところに煙は立たず

国家の統計不正に疑惑が深まっている。政府は根拠となる資料は出さないし関係者の参考人招致にも応じない異常事態となっている。何もやましいことが無ければ堂々と出せばよいのにそれも拒否する、これが政府不信を招いているのである。安倍は原因究明すると声を大にして言っているがそれとは裏腹の扱いをしている。だから国民から安倍偽装と言われる所以となる。アベノミクス成果とかGDPや賃金の伸びが基幹統計の都合の良いものに置き換えた意図によってなされたものとほぼ間違いがないと思う。公文書の改竄や嘘や隠蔽を犯した不祥事から考えてこの偽装は本物と国民の殆どが考えるのは当然だと思う。姑息な手段を行使してきた安倍晋三にはもはや日本のリーダーとしての存在意義は全くなくなった。退陣させ早く正常な姿に戻すことが先決で早ければ早い方が良い。有権者はじっくり現状の不祥事をよく観察して見るべき。選挙で行使しよう。

東大卒の官僚は地に落ちた

もう官僚の採用に当たって東京大学卒業者は除外すべきところまできた。国政を担う人材を養成するために明治時代に東京帝国大学を設立しそれなりの役割を果たしてきた。しかし今日の姿は過っての優秀な国家国民に尽くすという高邁な志が影を潜めてしまった。ただ目先の昇進だけに目がくらみそれに執心するあまり無能な安倍政治屋たちに骨抜きにされ、森加計疑惑犯罪や統計不正などの不祥事にあたって問われると記憶にないとか嘘や改竄まで仕出かし国民を裏切った。記憶だけで最高学府に入学し成績優秀で国政に期待されて入省したのではなかったのか。その者たちが記憶がないというのだから最早その任にあらずである。国の人事異動の経歴を見ると80~90%が東大卒であり一大学で閥をつくり牛耳っている誠に歪な姿が霞ヶ関官僚社会である。低能な政治屋に平伏する姿を見るにつけここまで誇りを捨ててしまったのかと情けない限りである。このような閥を形成させると縦と横で繋がり政治屋化した官僚官邸が幅を利かし後輩を洗脳してしまうのである。そこには切磋琢磨の精神なんか生まれるはずがなく国政が澱んでいくのである。それが今の実態である。この解決方法は唯一の解決策は東大から脱却するしかなく全国の国公私立大学に大きく門戸を広げ有為で確かな志を有した人材を採用すれば良いのである。常識を備えない記憶がないと平気で言うような大学卒は国民には必要が無い。又こんな人材が地方自治体の知事や市長に就任してくるがどれもこれもことなかれ主義で中央集権に染まりぬかれた者たちで、どうして地方創生や地方分権ができるのだろうか。記憶という唯一の特性が無くなればもう去るのみである。政治屋と官僚の劣化を我々国民はしっかり見ている。

楯突く者は許さない安倍独裁政治

沖縄の辺野古基地移設の土砂投入にしろ言論の自由の束縛にしても、また自衛隊募集の地方自治体非協力を上げ協力強制文書をそれも政府でなく自民党から通知する暴挙に出て何の関連も無い憲法9条自衛隊を明記しようとする姑息な手段に使おうとするなど論理を外れたことを平気でやろうとしている。もはや気が狂っているとしか言いようがない政権だ。過去の発言したことを忘れたのかそんなものは無関係扱いをしているのかまるで痴ほう症が進む病人ではないかと疑ってしまう。そうならば早く政権から退陣させなければ被害は我々国民となる。緊急を要する事態が近づいてきた。こと沖縄で言えばこれ以上民意を無視し続けるのであれば独立国建設の方向に舵を切ってもよいのではないだろうか。台湾との建国も一つの考え方ではないか。この動きで一挙に安倍自公を倒閣していったらどうだろうか。冷血動物政権はもう懲り懲りであり自公以外の政権であったらどこでもよい。

安倍晋三という人間は巷によくみられる

私たちの身の回りを見渡してみるとよくある人材である。両親から甘やかされて育てられあれを買ってくれとかこれが欲しいと言えば全て叶えられ手に入れられた。その躾がそうさせたのは家庭が裕福すぎてなお且つ政治家の血筋を受け継ぎた環境下にあったことが大いに影響していると思われる。その血統を継ぐことのプレッシャーを絶えず背に受けると同時に幼少期から青年期にかけて苦労もせずに達成感を享受する育ち方が絡んで大人になりきれずにいつまでも子供の域のままで今日に至っている。痛いところを突かれると敗北の言葉は自己の辞書にはないと考えているから自ずからゴマカシとはぐらかしや嘘・隠蔽で自己の正当化を図ることしか勉強してこなかった。だからどんな悪事を働いても悪のレッテルを受け入れる度量が無いのである。そして今回のように悪夢の民主党とまで言ってのけたことの罪悪感は自己の不正と不祥事に跳ね返ってくることになんの思慮も感じない総理らしくない軽薄言動と断言できる。まず一から出直して道理など人間としての最低限備えておくべきことから人生スタートすべきであろう。まだ幼稚段階のものを一国のリーダーにすべきではないことが分かった。いやこんな人材がここかしこにいるから社会の混乱の原因をつくっている例がたくさんある。結果は嘲笑のネタになっている。まだ民主党政権の方が良かったのではないか。

思慮も無く品位にかける安倍晋三

煮ても焼いても食べられない人間というのがこういう男のことを言うのだろう。まだ黙って何もしなかったらまだしも コソコソとしゃしゃり出てそれも事実の歪曲やらウソやら改竄やら隠蔽までして自分の主張を正当化する国家の犯罪者。極めつけは過去の政権を取り出し悪夢とまで言い切り悪者扱いを指摘したことはいくら何でも一国の総理の発言として非常識と言える。正に思慮も無く、品位に欠けるもの。こんな人間が外交も内政も出来るはずがないし現に成果もなに一つ無い。菅官房長官ともども痛いところを突かれては剥きになって反論しているところを見ると恥ずかしい限りだ。こんな男たちに国を任せていたとは悔やんでも悔やみきれない。一刻も早く退陣させるしかない。日本を復活させるためにも。